2017年7月28日のぴったんこカンカンで米倉涼子がハングリータイガーのハンバーグを紹介して話題になりました!今回は5年ぶりの登場となるゲストの米倉涼子の地元横浜を、アナウンサーの安住紳一郎とともに回ります。

家族で通うハンバーグや横浜中華街でフカヒレ、行列のできるパンケーキ、別腹のうなぎなどおいしそうなものが盛りだくさん!

その中でも私が個人的に気になったのは、家族で通うというハンバーグ店ハングリータイガーでした。横浜の人はハングリータイガーが全国区だと思っている人もいるくらい有名なハンバーグの店なんだとか。

確かにたまに地元では有名すぎて、全国区だと思っていたら違ったというお店ありますよね(笑)横浜では知らない人はいない?!ハングリータイガーとは一体どんなハンバーグ店なんでしょうか?

 

スポンサーリンク

ぴったんこカンカンでハングリータイガーのハンバーグを紹介!米倉涼子7/28TBS

 

■ハングリータイガー 保土ヶ谷本店

住所:横浜市保土ヶ谷区星川3-23-13

TEL:045-333-7023

営業時間:《月~金》11:00~22:00(LO.21:30)《土日祝》11:00~22:30(LO.22:00)

ランチタイム:11:00~15:00(土日祝、当社の定める特別期間を除く)

定休日:元日

駐車場:40台

 

 

ハングリータイガーはオリジナルハンバーグとステーキのお店で、1969年に横浜・保土ヶ谷に誕生しました。1969年の創業時から変わらぬ人気のメニュー「ハンバーグステーキ」のスタイルを日本で最初に始めたのもハングリータイガーです。

一切混ぜものなしの牛肉100%で作るラグビーボール型のハンバーグを炭火で焼いて、熱々の鉄板に乗せて提供し、お客様の目の前でソースをかけて最後の仕上げを行うスタイルは、現在日本中で真似されていますよね。

この「ハンバーグステーキ」のスタイルの元祖がハングリータイガーなのです。ハングリータイガーは変わらないおいしさと心温まるサービスで、創業49年経った今も多くのお客様に愛され続けています。

ハングリータイガーは保土ヶ谷本店以外にも、若葉台店・日野店・港北センター南店・トレッサ横浜店・横浜モアーズ店・グランツリー武蔵小杉店・ららぽーと蛯名店・湘南辻堂店にも展開しています。

 

スポンサーリンク

 

ぴったんこカンカンでハングリータイガーのハンバーグを紹介!米倉涼子7/28TBS

《ハングリータイガーのこだわり》

 

 

■ビーフ100%

粗く挽いた牛肉を、ただごろんと丸めただけのハンバーグなので、「ステーキ」という名の通り肉のおいしさをそのまま召し上がっていただくことができます。

■炭火焼

ハングリータイガーのハンバーグやステーキは少しスモーキーなチャコールフレーバーを感じることが出来ると思います。ハングリータイガーの炭火は、炭火100%でガスも電気も一切使用せずに肉を焼いているからです。

そのためほのかな炭火の香りが肉に映り、肉のおいしさをさらに引き立て、食欲を増すフレーバーになります。

また、同じくらい大切なのが炭の火力で、800度~1,000度の火力で肉の表面を一気に焼いて固め、おいしい肉汁を逃さないように閉じこめます。

肉は高い温度で、短い時間で調理するのがおいしく食べる一番の方法なのです。

■チャコールブロイラー

チャコールブロイラーとは炭焼き台のことで、炭炉の上に作られた独特の焼き網のことです。網1本1本にあるV字型の溝が、無駄なく炭の高温を伝え、余分な脂を流して炭の香りを運ぶという大切な役割をしています。

カロリーが高いと思われているハンバーグですが、余分な脂を落としているので、意外にヘルシーなのです。

■鉄板提供

ジュウっと音を立てている鉄板の上のハンバーグをカットしてソースをかけるというのは、ハングリータイガーのハンバーグを食べる時の大切な「儀式」です。

なので、鉄板をただの「保温付食器」ではなく、最高のパフォーマンスを演出する最後のグリドルと考えています。

■付け合わせ

ハンバーグの鉄板にはイモ・いんげん・ミックスベジタブル・ソテーオニオンの4種類の付け合わせが乗っています。

もちろんメインはハンバーグなのですが、この4種類の付け合わせは単なる「彩り」ために添えられているのではなく、甘い香りのベイクドポテト、甘めに味付られたミックスベジタブル、いんげんは口の中の油っぽさをリフレッシュするためにあります。

そして、あめ色になるまで炒めたソテーオニオンは、家庭で作るハンバーグに玉ねぎが入っているのと同じで、ハンバーグと一緒に食べることによって、よりハンバーグのおいしさを引き立ててくれます。

お肉も野菜もバランスよく食べてもらいたいという気持ちが込められているんですね。

 

スポンサーリンク

 

《メニュー》

■オリジナルハンバーグステーキ

・レギュラーセット 1,690円

・スペシャルセット 2,240円

・単品 1,350円

・トッピングチーズ(スライスチーズ2枚) 170円

※レギュラーセットは(パンまたはライス・飲み物)でスペシャルセットは(スープ&サラダ・パンまたはライス・飲み物)です。

この他にもサラダやフライドポテト、アメリカンサザンリブなどサイドメニューも充実しています。

詳しいメニューはこちらから➡ハングリータイガーメニュー

 

ハングリータイガーのハンバーグおいしそうでしたね~!私のイメージではファミレスみたいに手軽な値段で食べれるお店だと思っていたんですが、結構値段はお高いんですね。

でもそれだけこだわってあるということなので、ぜひ横浜の元祖ハンバーグステーキを食べてみたいですね♪

 

 

おすすめ記事

手のべ陣川の水と塩と麦と椿油の物語をマツコの知らない世界で紹介7/25TBS

ママタレ大集合都内寺院の夏祭りってどこの?祐天寺み魂まつりだった!

かりそめ天国源泉湯 燈屋(あかりや)おふろ甲子園2017優勝7/19テレ朝

マツコの知らない世界ミエマン塩ぽん酢7/18TBS

マツコの知らない世界はつかりぽん酢しょうゆ7/18TBS

スポンサーリンク