2017年12月9日のマツコ会議に猫背改善スタジオのきゃっとばっくが紹介され、猫背改善ストレッチのやり方は?と話題になりました。

今回のマツコ会議では猫背改善スタジオに潜入し、イケメントレーナーによる簡単エクササイズをスタジオでも実践。

きゃっとばっくのオーナーいわく、現代はパソコンやスマホの画面を見るためにどんどん頭が前に出てきてしまい、20代の日本人女性の約6割が猫背に悩んでいるそう。

日夜女性が助けを求めやってくるという猫背スタジオきゃっとばっくとは一体どんなスタジオなんでしょうか?

 

スポンサーリンク

マツコ会議で紹介されたきゃっとばっくとは?

■きゃっとばっく 神楽坂店

住所:〒162-0825 東京都新宿区神楽坂2-12 エンドウビル1F

電話番号:03-6228-1946

メールアドレス:info@catback4h.com

営業時間:

《平日》9:00~21:30(ラスト20:30~)

《土曜日》9:00~20:30(ラスト19:30~)

《日・祝日》9:00~19:00(ラスト18:00~)

定休日:月曜日

駐車場:なし

《地図》

 

2013年5月29日、日本で初めての「人工芝の猫背改善専門スタジオ」として神楽坂にオープンした猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく神楽坂店」

オープンして以来、多くの方が通われ猫背改善レッスンを行っており、2015年6月には猫背改善の新しいツールとして「ハンモック」を設置し、リニューアルオープン。

 

■きゃっとばっく 表参道店

住所:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-3-16 カサデルレイ表参道E棟

電話番号:03-6427-9974

メールアドレス:omotesando@catback4h.com

営業時間:

《平日》9:00~21:30(ラスト20:30~)

《土曜日》9:00~20:30(ラスト19:30~)

《日・祝日》9:00~19:00(ラスト18:00~)

定休日:月曜日

駐車場:なし

《地図》

 

2015年5月15日、猫背改善専門スタジオ「きゃっとばっく表参道店」は2号店としてオープン。

表参道店はデザイナーズマンションを改装したスタジオで、個室に近いプライベートな空間なので、周りの目を気にせず落ち着いてレッスンを行うことが出来ます。

表参道店では、パーソナルスペースでのマンツーマンのレッスンを行っており、ゆったりと落ち着いたプライベートな空間で猫背改善レッスンが出来ます。

 

■きゃっとばっくの特徴

きゃっとばっくは猫背改善専門スタジオで「2ヶ月で猫背を改善する」ことを目標にしています。

姿勢分析器を用いて猫背の原因を解明し、猫背の改善に特化したトレーナーがマンツーマンで指導して猫背を改善します。

猫背が原因で起こっている身体の不調や、スタイルのアンバランスさを改善するお手伝いをしています。

 

1.猫背の原因を究明

一言で「猫背」と言ってもそのタイプや原因は様々なので、初めに猫背についてはもちろんのこと、カラダに関する悩みや目的、目標、現在のライフスタイルなどカウンセリングで伺います。

「ボディコンシェルジュ」という高性能な姿勢分析器で、「姿勢」「骨盤の歪み」「筋肉のバランス」などを細かく計測し、このまま放っておくと5年後どのような姿勢になってしまうかも分析。

その後、専門のトレーナーが実際に身体に触れながらより細かな「歪み」の確認を行い、「FMS」というチェック方法を用いてあなたの猫背の原因を特定していきます。

姿勢と動きの2つから猫背の原因を探ることで、より正確な原因の特定ができるのです。

 

2.猫背に特化した高い専門性

きゃっとばっくには、医療系国家資格である「鍼灸あん摩マッサージ指圧師」や「柔道整復師」、アスリートの競技復帰をサポートする「アスレティックトレーナー」や姿勢や動きの改善のスペシャリストである「ピラティスインストラクターなど、身体に関する様々なスペシャリストが在籍し、指導を行います。

お客様により高い価値を提供するため、毎週月曜日を利用して8時間の年間50回以上の研修やテクニカルミーティングをなど、常に自らを高め続けています。

 

3.動画によるホームエクササイズのサポート

レッスンによって改善をした姿勢を保つためには、家に帰ってからのエクササイズの実施やライフスタイルの見直しが重要です。

きゃっとばっくでは、お客様にとって重要なエクササイズを動画にて案内し、ホームエクササイズ続けやすいようにフォロー。

また、メールやコラムなどで猫背改善に関することだけでなく、「運動」「栄養」「休養」など、身体全体に関する様々な情報をお伝えしています。

①ワクワクする知識の提供
②お客様が自らやりたくなる運動サポート
③実践したいと思えるライフスタイルの提案

という3つのサポートを提唱しており、猫背改善はもちろんのことお客様の目的を叶えていきます。

 

4.猫背リバウンドを防ぐ

専門家が一方的に施術をして猫背の改善を行うのではなく、お客様にとって理想的な運動の仕方や日々の生活習慣をお伝えして一緒に実践をしていく為、卒業後も、自分自身でキレイな姿勢を保つことが出来ます。

「2ヶ月の猫背改善コース」を修了後も姿勢維持の為にレッスンを継続したり、「猫背改善」以外のパーソナルトレーニングを継続できる為、「猫背リバウンド」を防ぐげます。

 

スポンサーリンク

 

きゃっとばっくの猫背改善ストレッチのやり方は?

■綺麗な姿勢とは?

綺麗な姿勢とは横から見た時に、外くるぶし、骨盤、肩、頭(耳の穴)の位置が一直線に揃っており、骨盤のASIS(骨盤の前方)と肋骨の一番飛び出してるところ(第10肋骨)が、一直線になっている状態のことです。

■姿勢のチェック方法は?

自分が猫背かどうかというのはお家でも簡単にチェックすることができます。

1. お尻、背中、頭の4点を壁に付けて立ちます。この時、腰と壁との隙間に手のひら約1枚分、壁と肩の隙間が指約2本分の隙間があることが理想的です。

2. 4点を壁に付けた時、頭が付きづらい、顎が上がってしまう、お尻が付きづらいなど頑張らないと付けられない人や、4点がつ付いていてもと壁の隙間が手のひら1枚分以上、肩と壁の隙間が指2本分以上の人は猫背の可能性が高いです。

■猫背改善ストレッチのやり方は?

猫背の改善には「丸くなっている背中を反らせばいい」と思われるかもしれませんが、土台である骨盤の位置が歪んでいるとすぐにまた歪んでしまいます。

また、シンネコゼの方は、そもそも本来ある胸の背骨の弯曲が無くなっている状態なので、まずは理想的な弯曲を取り戻すことが必要です。

猫背を矯正するためには、ただ単に胸を張ったり、背骨を反らすだけでは改善はされないのです。

一つずつ順番に猫背を矯正していきましょう。

 

1.ペルビックティルト

猫背の人の多くは、骨盤の位置が理想的な状態ではないので、まずは骨盤をコントロールし、骨盤から猫背矯正を行うことで綺麗な姿勢へと繋がります。

 

 

・仰向けのニュートラルポジションをとる

・息を吸うイミングで骨盤を前傾する(腰の隙間を広げます)

・吐くタイミングで骨盤を後傾する(腰の隙間をなくす)

 

2.ヒップリフト

ヒップリフトでは、お尻をあげることでお尻の筋肉も働かせることができるので、骨盤を正しい位置に改善できます。

 

 

・仰向けになり両膝を約90℃に曲げ、ニュートラルポジションを創る

・足の裏のかかと・親指の付け根・小指の付け根の3箇所で床を押しながら、お尻側からゆっくりと上体を持ち上げていく

・肋骨をしっかりと締めたまま、床から背骨のシールをゆっくり剥ぐイメージで背骨1つ1つを意識しながら、お尻を持ち上げるのがポイント

 

3.きゃっとばっく

きゃっとばっくでは、骨盤の前傾や後傾・背骨を丸めて反らす動きのコントロール能力を向上させ、猫背で硬く、動きづらくなっている背骨の可動性を引き出すことで猫背矯正の第一歩を踏み出させます。

 

・四つ這いのニュートラル姿勢をとる

・背骨の上の方から順番に丸めていく

・背骨の下の方から順番に反っていく

・手で床を押した状態のまま繰り返す

 

4.ランバーローテーション

猫背の特徴として肩が内巻きになっていることが多く、猫背で胸の背骨の丸みが強くなると肩甲骨のポジションもずれてしまいます。

またデスクワークやスマホの操作などで、胸の筋肉が硬くなり、肩を前に引っ張る上に、背中にある筋肉「広背筋」も硬く縮んでしまい、肩の内巻きに拍車をかけてしまいます。

ランバーローテーションは腰回りや胸にかけてのストレッチが目的です。

 

 

・仰向けのニュートラルポジションを取る

・膝をそろえてゆっくりと左右に倒していく

・この時肩が床から離れないようにくっつけておく

 

5.ソラシックツイスト

ソラシックツイストは硬くなっている胸の筋肉を伸ばすエクササイズです。

指先まで遠く伸ばすようにして胸を開き、骨盤が一緒に倒れてしまわないようにするのがポイント。

 

 

・横向きで寝て両手を体の前で揃え、耳、肩、足の付根が一直線になるようにして膝は少し曲げる

・上の手が身体の遠くを通るように息を吐きながら胸を大きく開く。※指先を目線でしっかりと追う

・この時、目線は正面に残したまま手首を返すと、より二の腕から前腕がストレッチされる

 

6.フォースタンスストレッチ

フォースタンスストレッチは広背筋という筋肉をストレッチして、肩の内巻きを改善します。

 

 

・四つ這いになって肩の真下に手をつき、腿の付け根の下に膝をつく

・お尻から頭まで一直線に保つ

・右手の前に左手をつく

・骨盤はニュートラルを保ちつつ、お尻を後ろに引いて尻から背中にかけて伸びを感じる

・終わったら反対側も行う

とても丁寧に動画で紹介されているので、自分でお家でもできそうですね!

私も猫背気味なので、こちらの動画を見ながらストレッチをやってみたいと思います。

 

おすすめ記事

メンサとは何?マツコ会議で潜入!入会方法や条件は?芸能人は誰がいる?11/18

マツコ会議で盛り髪の美容室(横浜)はどこ?グリッツ(GLITZ)だった!11/4

クイーンズワックスがマツコ会議に!ブラジリアンワックス専門店!通販は?10/21

マツコ会議デジタルマンガ専門学校どこ?東京デザイナー学院!10/14日テレ

スポンサーリンク