小林麻央さんが通っていた癌専門クリニックはどこ?と話題になっています。

2017年6月22日に、乳がんにより亡くなったフリーアナウンサーの小林麻央さん。まだ34歳の若さだったこともあり、亡くなった時は大変衝撃を受けました。

小林麻央さんは癌が発覚してからの約3年間の闘病の中で、何度も危険な状態になったそうですが、色々な治療法を試し、少しでも良くなるようにと努力されていました

「水素温熱免疫療法」「ジュースクレンズ」「酵素風呂」など、がん治療に効果があると聞いたものは何でも試していたそうです。

そして元千代の富士(享年61)や樹木希林さんが通ったといわれる「鹿児島の癌専門クリニック」でも治療を受けています。

鹿児島の癌専門クリニックとは一体どんなクリニックなのでしょうか?

 

スポンサーリンク

小林麻央通った鹿児島の癌専門クリニックはどこ?

小林麻央さんが通っていた鹿児島の癌専門クリニックとは「UASオンコロジークリニック」だと思われます。

こちらの「UASオンコロジークリニック」というのは「四次元ピンポイント照射療法」という治療を行っており、四次元ピンポイント照射療法は、全国でもUMSオンコロジークリニックでしか受けることが出来ないそうです。

「切らずにがんを治したい」という患者さんに対して、痛みのない放射線治療を実践しています。

 

■四次元ピンポイント照射療法

四次元ピンポイント照射療法とは、X線による「放射線治療」の一種で、ピンポイントでがん細胞に放射線を照射することが出来る照射療法です。

通常の放射線治療では、正常な臓器の一部にがん細胞がある場合、周りの正常な細胞も一緒に死滅させてしまうため、副作用が起こったり、体への負担が大きくなります。

なので、できるだけ癌ピンポイントで放射線治療が行われることが理想なのですが、四方八方から放射線を立体的に当てる「三次元照射」に、呼吸によるがんの位置変化まで察知するという時間軸を加えたのが「四次元ピンポイント照射療法」なのです。

 

スポンサーリンク

 

 

■UASオンコロジークリニック

住所:鹿児島県鹿児島市照国町13-37-4F

電話:099-298-9217

※初めての方やセカンドオピニオンを希望される方は、連絡の行き違いが生じるのを避けるため、電話ではなく郵便書留で相談することになっています

 

■治療費と治療期間の目安

治療は通常150万円から250万円ほどの自由診療の治療費がかかりますので、保険適応でまかなえる処方や検査などは他の施設に依頼して行っていただくことになります。

もしオンコロジーでの治療費が一年間で300万円を超えた時は、それ以降の治療費は保険診療を行った場合の点数を考えながら、できるだけ低額で受けられるように配慮されるようです。

また、オンコロジーでの自由診療の治療費が合計500万円に達した場合は、それ以降の治療はすべて無料で行ってもらえます。

治療方法や治療期間については、一人ひとり患者さんの病状によって異なりますので、はっきりとは分かりません。1度の滞在で済む方もいれば、2度に分けて滞在しなければならない方もいます。

 

小林麻央通った鹿児島の癌専門クリニックはどこ?

UASオンコロジークリニックは「血のでないがん治療。メスも麻酔も使わないがん治療。痛みや熱さなどの苦痛のないがん治療。横になっているだけで済んでしまうがん治療。」というのを目標にしているようなので、なんとか乳房を残して癌を治したいという方にはとても魅力的な治療方法に思えるかもしれません。

しかし、UASオンコロジークリニックでは先進医療である粒子線治療も否定されていて、手術も抗がん剤も否定されています。

これらも一つの考え方だとは思いますが、やはり初めから標準治療を受けていたら何か変わっていたのでは?と思わずにはいられません。

もし自分が癌になってしまった時、どんな治療をして、どう癌と向き合っていくべきか…非常に考えさえられました。

最後になりましたが、小林麻央さんのご冥福をお祈りいたします。

 

おすすめ記事

小林麻央のAクリニックはどこ?水素温熱免疫療法とは?

海老蔵批判の人気ユーチューバーって誰?

全力脱力タイムズ俳優SとモデルN熱愛誰?6/23フジテレビ

マツコ有吉かりそめ天国ボウリングは両手投げが主流?6/21テレ朝

世界一受けたい授業高野山案内犬ゴン6/24日テレ

チャングンソク口説く時の曲何?MiMiMiダウンタウンなう5/26フジテレビ

スポンサーリンク