2017年6月28日に小林麻央さんが通っていたAクリニックに業務停止命令が下り、Aクリニックってどこ?水素温熱免疫療法とは何?と話題になりました。

Aクリニックは専門委員会に計画書の届け出が必要な他人のさい帯血を投与する医療を届け出をせずに行ったとして、業務停止命令が下りました。

小林麻央さんが亡くなってからたった1週間しか経っていないところに、非常に衝撃的なニュースですよね。

小林麻央さんがわらにもすがる気持ちで通ったであろうAクリニックは一体どこなのか?小林麻央さんが行っていた水素温熱免疫療法とはどんな治療なのか調べてみました。

 

スポンサーリンク

小林麻央のAクリニックはどこ?水素温熱免疫療法とは?

今年の2月上旬に小林麻央さんが、姉の小林麻耶さんと一緒にタクシーで向かったのがAクリニックでした。

小林麻央さんがAクリニックで受けていたのは「水素温熱免疫療法」という治療法で、今回問題になっているさい帯の治療ではなかったものの、水素温熱免疫療法もまだ歴史が10年ほどしかない、医学的な根拠が乏しいものなのだそうです。

このAクリニックは、はっきりとした病院の名前は出ていませんでしたが、「表参道首藤クリニック」ではないか?と言われています。

その根拠として

・完全予約制のクリニック

・小林麻央さんの自宅からタクシーで15分

・水素温熱免疫療法を行っている

ということがあげられます。

ネットで「水素温熱免疫療法」と検索すると一番に首藤クリニックが出てくるんですよね。それだけ水素温熱免疫療法に力を入れているということでしょう。

 

スポンサーリンク

 

小林麻央のAクリニックはどこ?水素温熱免疫療法とは?

では小林麻央さんがAクリニックで行っていた「水素温熱免疫療法」とはどんな治療法だったのでしょうか?

今回Aクリニックではないか?と言われている「表参道首藤クリニック」「心と体の再生」を目指して、なるべく薬を使わずに自然治癒力を高めることによって癌を治療していて、水素温熱免疫療法はその方法のひとつです。

 

■水素温熱免疫療法

治療槽(お風呂のようなもの)に約40℃の超高濃度水素水を入れて浸かり、体を効率的に温める治療法です。

身体を温めることで傷ついた細胞を修復するたんぱく質やHSP(ヒートショックプロテイン)が活性化して免疫力が高まり、さらに水素水自体が持つ還元力が疾患による体内の炎症を緩和します。

1回あたり最大20分間治療槽に浸かるだけなので手軽に受けられ、入浴する感覚で体に負担をかけません。

超高濃度水素水は独自の技術でその場で生成しており、痛みなどの副作用もなく、安心して継続できる画期的な治療です。

 

 

■水素温熱免疫療法の治療費

水素温熱免疫療法は保険のきかない自由診療なので、1回数万円になるそうですが、小林麻央さんが受けていたと思われるのは1か月に8回で30万円のガン専用の治療コースです。

1回あたり約4万円の治療費がかかっていたんですね。とても高額ですが、これで癌が治るのなら…という気持ちだったんでしょうね。

 

■表参道首藤クリニック

住所:東京都渋谷区神宮前5-2-19 表参道山田ビル1F

電話:03-6450-5447 ※完全予約制です

《診療時間》

平日(月~金) 10:00~13:00(11:50受付まで診療)

14:30~19:00(18:15受付まで診療)※木曜午後は休診

土曜日 10:00~13:00(11:50受付まで診療)14:00~17:00(16:15受付まで診療)

 

小林麻央のAクリニックはどこ?水素温熱免疫療法とは?ネットの反応は?

 

 

おすすめ記事

小林麻央通った鹿児島の癌専門クリニックはどこ?

海老蔵批判の人気ユーチューバーって誰?

全力脱力タイムズ俳優SとモデルN熱愛誰?6/23フジテレビ

世界一受けたい授業高野山案内犬ゴン6/24日テレ

チャングンソク口説く時の曲何?MiMiMiダウンタウンなう5/26フジテレビ

スポンサーリンク