欅坂46の握手会で発煙筒が投げ込まれる事件があり、誰が名前をあげられたメンバーなのか?と話題になっています。

2016年6月24日に千葉・幕張メッセで開催された人気アイドルグループの欅坂46の『「不協和音」発売記念 個別握手会』で、19時45分頃に発煙筒が投げ込まれ、男がスタッフに取り押さえられる事態が発生。

この男は果物ナイフも所持しており、駆けつけた千葉県警千葉西署員によって銃刀法違反の現行犯で逮捕されました。

その後の警察の発表によると、男は容疑を認めており欅坂46のある女性アイドルメンバーの名前を挙げて「〇そうと思った」と供述したそうです。

この騒動で握手会は一時中断されましたが、幸いけが人はでませんでした。

 

スポンサーリンク

欅坂46の発煙筒事件で誰が名前あげられたメンバー?

男はあるメンバー1人の名前を挙げて「メンバーの女性を刺して〇そうと思った」と供述していそうですが、このメンバーとは一体誰だったのでしょうか?

男が名前をあげたメンバーとは「平手友梨奈」だったようです。

 

 

今回発煙筒が投げ込まれたのは、センターの平手友梨奈と柿崎芽実のレーンでした。しかも犯人が発煙筒に火を付けた場所から平手友梨奈と柿崎芽実までの距離は3メートルほどしか離れていなかったそうです。

一歩間違えば大事件につながっていたということで、本当に恐ろしいですね。

来場したファンによると、会場入り口で金属探知機による所持品検査はあったっそうですが、バッグの中身などの入念な確認はなかったようですね。

2014年5月にも岩手県で行われたAKB48の握手会で、メンバーの川栄李奈と入山杏奈が男にのこぎりで襲われるという事件が発生しており、重傷を負いました。

事件直後は慎重に行われていた所持品検査ですが、最近ではまた事件前のような所持品検査の態勢に戻っていたようです。

 

スポンサーリンク

 

欅坂46の発煙筒事件で誰が名前あげられたメンバー?

では犯人が一体どうやって身体検査を潜り抜けたのか気になりますよね。

身体検査が甘かったのではないか?ともいわれていましたが、実は犯人は巧妙な手口を使って中に入り込んでいたのです。

犯人は身体検査の前に、刃物などが入った荷物をスタッフに忘れ物として届け、手ぶらで検査を終えて会場に入り、運営本部で落とし物として自ら荷物を受け取っていたそうです。

何とも計画的で悪質な犯行ですね。ここまでしてメンバーを狙ったのには何か相当な理由があったのでしょうか?

翌日25日にも警備スタッフを大幅に増員し、グループは同じ場所で握手会を行いましたが、平手友梨奈、柿崎芽実ら6人が欠席しました。

25日は平手友梨奈の誕生日だったそうで、こんな悲しい誕生日を迎えなければならなかった平手友梨奈の気持ちを考えるとやるせないですね…。

平手友梨奈をはじめ、握手会に参加したメンバー全員が精神的に相当なダメージを受けていると思います。

今後このようなことが起こらないように、運営側にはしっかりと警備をして頂きたいですね。

 

欅坂46の発煙筒事件で誰が名前あげられたメンバー?ネットの反応は?

https://twitter.com/nogi_keya1115/status/878972508522692608

https://twitter.com/Na2_4846/status/878970362553278465

 

おすすめ記事

北園丈琉の中学校は清風!体操教室はどこ?

全力脱力タイムズ俳優SとモデルN熱愛誰?6/23フジテレビ

多田修平の家族は父母弟!ガトリンも賞賛した走りとは?

世界一受けたい授業高野山案内犬ゴン6/24日テレ

チャングンソク口説く時の曲何?MiMiMiダウンタウンなう5/26フジテレビ

スポンサーリンク