マツコ有吉かりそめ天国で、種類が50種を超えた能登半島のご当地グルメ「能登丼」が紹介され、能登丼とは何?と話題になりました。

 

今回の業界幸せニュースはでは、能登半島のご当地グルメ能登丼が大人気で増えまくり、ついに50種類超えたという投稿がありました。

何でもありな激ウマの能登丼を50種一挙大放出しましたが、本当に様々な種類の能登丼があるんですね~。

激ウマで大人気の能登丼とはいったいどんな丼なんでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

能登丼とは何?50種類超えたと話題に!かりそめ天国8/30テレ朝

■能登丼とは?

石川県奥能登地区の「輪島市、珠洲市、穴水町、能登町」2市2町の店舗が提供するご当地グルメで、旬の魚介類や肉類、野菜などの食材だけではなく、食器や箸に至るまでとことん能登産にこだわった丼です。

能登の特産品と言えば新鮮な魚介類なので、「能登丼」と聞いたら海鮮丼を想像する人も多いのではないでしょうか?

しかし実は、能登丼の具材に使われるのは海鮮だけではなく、以下の定義さえ満たしていれば肉や野菜の丼でもいいんです!

■能登丼の定義

《食 材》

・奥能登産のお米「コシヒカリ」を使用。

・奥能登の水を使用。

・メイン食材には地場でとれた旬の魚介類や、能登で育まれた肉類・野菜又は地元産の伝統保存食を使用。

《食 器》

・輪島塗や珠洲焼などの能登産の器を使用。

・能登産の箸を使用。

・箸はお客様にプレゼント。

《調 理》

・健康、長寿、ヘルシーにこだわり、塩分は控えめ、動物性油を使わないか少量のみ使用。

・奥能登らしく、お店独特のオリジナリティあふれる丼で、奥能登地域内で調理し提供。

 

これらの定義さえ満たしていればよいので、お店や時期によって具の内容は本当に様々です。能登の地域の色々な所で、いつでも旬の食材を使用した能登丼を食べることができます。

具材は、鮮魚、能登牛、牡蠣、野菜、苺まであるとのこと!苺の丼ってどんな丼になってるんでしょうかね?気になりますよね~!

 

スポンサーリンク

 

能登丼とは何?50種類超えたと話題に!かりそめ天国8/30テレ朝

これまで説明してきたように、能登丼にはたくさん種類があるんですが、こんなに色んな種類があると、どの能登丼を食べればいいのか迷いますよね。

そこで総務省に入省1、2年目で地方出向している若手職員によるグルメレポート「ご当地グルメ 地域自慢の一品」でおすすめされていた能登丼を紹介します。

■寿司処 伸福(しんぷく)

住所:石川県輪島市河井町5-41-23

電話番号:0768-22-8133

営業時間:11:30~14:00 / 18:00~22:00

定休日:不定休

座席数:24席(カウンター8席、座敷16席、個室あり)

駐車場:あり

 

店主は元漁師で、地魚の朝とれ、晩とれにこだわっており、地元の漁師もよく利用しています。魚も色々な漁法で取って、その中から一番いい物を仕入れているそう。

輪島ならではの寿司はもちろんのこと、郷土料理など四季折々に提供しています。

 

■看板メニュー 能登朝市丼 (2700円)

 

能登の地魚を使った海鮮丼で、ノドグロ、ハタハタ、フグ、ズワイガニなど具材は16種類以上入っており、ネタはどれも新鮮で、丼から溢れんばかりの刺身が乗っています。

能登丼は食べてみたいけど、どこのお店に行けばいいかわからない!という方はぜひ「寿司処 伸福」の能登朝市丼を食べてみて下さいね!

 

 

おすすめ記事

マツコ有吉かりそめ天国快適トイレとは何?国土交通省取り組み7/19テレ朝

かりそめ天国源泉湯 燈屋(あかりや)おふろ甲子園2017優勝7/19テレ朝

マツコ有吉かりそめ天国ボウリングは両手投げが主流?6/21テレ朝

マツコの知らない世界ミエマン塩ぽん酢7/18TBS

マツコの知らない世界はつかりぽん酢しょうゆ7/18TBS

スポンサーリンク