2017年9月29日のヒルナンデスで三田のala麓屋(あらふもとや)のコテリが紹介され、ラーメンのような新感覚のそばだと話題になりました!

今回のヒルナンデスは水卜麻美アナ卒業スペシャルで、後任の滝&梅澤アナとグルメ激戦区・三田で人気NO1メニューを巡って対決!

食いしん坊キャラも見納めになるかもしれないということで、三田のおいしいお店で食べまくります。

その中でも気になったのが、ala麓屋(あらふもとや)という店で、元フレンチシェフが作るというまるでラーメンのような新感覚そば「コテリ」です。

ラーメンのようなそばとは一体どんなそばなんでしょうか?!

 

 

スポンサーリンク

ala麓屋(あらふもとや)のコテリをヒルナンデスで紹介!ラーメンのような新感覚そばとは?9/29日テレ

■ala麓屋(あらふもとや)

 

 

住所:東京都港区芝5-26-10

電話番号:03-3451-6882

営業時間:11:15~15:30(L.O.14:50) 17:30~22:30(L.O.22:20)

定休日:土曜・日曜・祝日

席数:11席(カウンター9席、テーブル2席)

駐車場:なし

 

ala麓屋(あらふもとや)はJR田町駅・三田口から「慶応通り振興会」商店街に入り、左80度コーナーの左角にある小さな立ち食いがメインのそばのお店。

平成15年にこの店をオープンしたala麓屋(あらふもとや)は、基本のそばはもちろんのこと、新感覚の創作そばも提供しています。

そばのお店なんですが、なんと店主は元フレンチシェフであり、信州の開田高原でそば打ちを修行しているので、本格的でありながらも独創的なおそばが楽しめるんですね!

麺は信州産のそば粉を石臼で挽いたものを使用し、石臼挽きで甘皮入りのため、とても香り高くと甘みがあり、コシがあります。

つゆは1か月間も寝かせたかえしをかつお節、昆布、しいたけで取っただしと合わせていて、風味も抜群でとても上品な味。シェフの発想力に驚かされますが、伝統と目新しさがうまく融合したおそばです。

 

スポンサーリンク

 

ala麓屋(あらふもとや)のコテリをヒルナンデスで紹介!ラーメンのような新感覚そばとは?9/29日テレ

■コテリ 720円

 

ニンニクが香る醤油ラーメンのように黒っぽい色の汁の上には、トロケる煮卵に分厚くボリューム感のあるチャーシューが乗っており、見た目は完全にラーメンです。

ひと口食べてみると、そばの強い風味が口に広がり、素材の良さがよくわかります。見た目は完全にラーメンですが、麺は基本がしっかりとしたそばになっていることで上品な味わい。

一見こってりしているように見えますが、イメージするほどこってりしておらず、ペロリと完食できちゃいます!

 

■サラリ 650円

 

 

わかめ・おろし・生姜・水菜・柚子の具材が乗ったあっさり具材のおそばで、上品な青ゆずの香りと水菜の清涼感が女性に人気のメニュー。

お出汁のベースは鰹だしが効いたまろやかな味で、こちらもほんとうにさっぱりしています。しょうがの香りが漂い大根おろしや水菜のトッピングがよく合います。

その他にもオリーブオイルとニンニク、唐辛子で味付けしたおそば「冷静ペペロンチーノ揚げナス添え」や、納豆にとろろとオクラとなめ茸が乗った「まぜそば ネバリ」など変わったそばから、「ざる」「たぬき」「天ぷらかき揚げ」などの基本そばが揃っているのでぜひ一度立ち寄ってみて下さいね♪

おすすめ記事

水卜麻美がヒルナンデス卒業はなぜ?横山裕との熱愛が原因?

マツコ会議広島のかわいいカープ女子高生は誰?MERUMO(メルモ)だった!9/23日テレ

マツコ会議で中洲の歌姫は誰?クミクミだった!9/2日テレ

ユウキ食品の四川マーボ―ソースをマツコの知らない世界で紹介!8/22TBS

ヤマムロの陳麻婆豆腐をマツコの知らない世界で紹介!8/22TBS

スポンサーリンク