2017年10月2日の深イイ話で美人フリークライマーの大田理娑選手が紹介され、身長や体重、学歴は?と話題になりました。

今回の深イイ話では「スケジュール真っ黒な人は本当に幸せなのか?SP」と題して、スゲジュールが真っ黒になるほど忙しい人たちが登場します。

その中で断崖絶壁を自分の肉体一つで登る「プロフリークライマー」の大田理裟選手にも密着。

美人過ぎるプロフリークライマーとしてファンも多く、1ヶ月ぶりに更新したブログはスポーツランキングで2位になるほどの人気です。

美人プロフリークライマーの大田理娑選手とは一体どんな人何でしょうか?

 

スポンサーリンク

大田理裟(美人クライマー)が深イイ話に!身長や体重や学歴は?10/2日テレ

■大田理娑(おおた りさ)

https://twitter.com/ota_risa/status/855331213761953795

生年月日:1993年1月27日   

身長:161㎝

体重:44キロ

出身地:山口県

学歴:山口県立新南陽高等学校→山口県立大学

趣味:釣り

 

■大田理娑選手の学歴は?

大田理娑選手は新南陽高校では登山部に所属しており、クライミングのW杯にも出場経験があるそう!

山口県立大学では、スポーツクライミング部に所属し、国体で2連覇を果たしたすなど、素晴らしい成績を収めています。

元々山口県立大学はスポーツ分野に力を入れている大学で、特にスポーツクライミングでは日本代表選手を輩出するほど有名です。

大田理娑選手の成績は

2009年「第12回~第15回JOCジュニアオリンピックカップ」金メダル。

2012年「JFAユース選手権」優勝。

2014年「第28回リード・ジャパンカップ」優勝。

   「IFSCクライミング・アジア選手権 インドネシア」リード 2位。

2015年「IFSCクライミング・アジア選手権 中国」リード 3位。

2016年「クライミング日本選手権」2位。

とどれも上位入賞しており、実力があることがわかりますね!

 

■スポーツクライミングとは?

スポーツクライミングは2020年の東京オリンピックから正式種目に決まるなど今最も注目されている競技の1つです。

フリークライミングとは、道具や器具に頼らず、自分の体とテクニックだけを使ってデコボコの壁や岩を登るスポーツ。

そしてスポーツクライミングとはフリークライミングのスポーツ性と競技性に重点を置いた競技です。

クライミングにはもちろん体力が必要なんですが、それと同じくらい柔軟性や手足のバランス感覚が必要なのだそう。

しかし、クライミングには難易度が色々あり、若者や体力のある人以外にも、性別や年齢に関係なく楽しむこともできるんですよ。

 

スポンサーリンク

 

大田理裟(美人クライマー)が深イイ話に!身長や体重や学歴は?10/2日テレ

■クライミングを始めたきっかけ

大田理裟選手は、自身が通っていた新南陽高校の教頭先生であり、登山部の顧問をしていた父・真一さんの影響でクライミングを始めたそうです。

小さい頃は父・真一さんが指導し、親子で頑張っていましたが、現在は世界を目指すために、小澤信太コーチからより専門的なことを指導してもらっています。

大田理娑選手は「大学で結果を出せなかったらボルダリングを諦めて就職する」ということを父・真一さんと約束していたそうですが、しっかりと成績を残しているからこそ今でも続けることができているのですね。

 

■大田理娑の身長や体重は?

大田理娑選手は161㎝44㎏とスポーツ選手にしてはかなり細い方ですね。

クライミングにはかなり筋力が必要なので、筋トレは欠かせないように思いますが、実際のフリークライマーは体重を増やさないために、逆に筋トレをしないのが基本なんだそうです。

とは言え、大田理娑選手も細身ですが腕の筋肉はやっぱりすごいですね!

そして大田理裟選手の体重管理をしてくれているのが母親で、大田理裟選手の体重が増えすぎないようにと食事には気を遣って作っているそうです。

クライミングでは体重が重い分負荷がかかってしまうので、体を動かしやすく、スムーズな動きができるように普段から食事制限し、体重管理することは重要なのです。

食事でタンパク質を多く摂るようにすると早く筋肉を作れるようになり、脂肪燃焼効果もあがっていいでしょう。

 

■大田理娑選手の握力は?

クライミングは手を使ってデコボコの壁を登っていくので、よほど握力が強いんだろうな~と思っていたんですが、大田理娑選手の握力は27㎏と同じ歳の一般女性の平均とほぼ変わらないんです。

ではなぜ大田理娑選手はあのようなデコボコの壁をドンドン登っていけるんでしょうか?

実は大田理娑選手は指の力が強いのだそうで、クライミングのかなり小さな突起物(ホールド)を持てるんだとか。

握力が一般女性と変わらないというのは意外ですよね!クライミングでは握力より指の力の方が重要なんですね。

世界トップクラスのクライミング選手は、指1本だけで自分の体重を支えることができるんだとか!

2020年のオリンピック日本代表の有力候補である大田理娑選手の家には人工壁があり、自宅でも日々練習しているそうです。

https://twitter.com/ota_risa/status/867027931477925888

 

オリンピックの2020年まではまだ時間があるので、これからさらに腕に磨きをかけて、ぜひ日本代表選手の切符をゲットしてもらいたいですね!

 

おすすめ記事

フィットネスビキニとは何?深イイ話で安井友梨を紹介!8/14日テレ

水卜麻美がヒルナンデス卒業はなぜ?横山裕との熱愛が原因?

マツコ会議アンリワールド(anriworld)誰?7/1日テレ

ぴったんこカンカンでたん焼忍のゆでたんを紹介!通販は?8/11TBS

海老蔵娘バレエ教室Aはどこ?神田うの娘も同じ!

スポンサーリンク